2015年5月29日(金) 10:00 - 12:00 Room7
ソリューションセッション

【】

オープンデータセッション 〜公開と活用をつなぐ価値創出の取り組み〜


■セッション概要
日本のオープンデータ推進活動は、公開側、活用側の多様な主体がコラボレーションしながら価値をつなぐ活動として発展を続けています。本セッションでは、産・官・学の多様な観点での事例発表からオープンデータ公開・活用の広がりを考えつつ、ESRIジャパンの実践活動のこれまでと今後の展開をご紹介します。

また、展示フロアでは「オープンデータご相談コーナー」を設け、データ公開・活用のご相談や ArcGIS Open Data の体験も行っております。ぜひお越しください。

■講演
事例発表:
〜多様な主体によるオープンデータ公開・活用の広がり〜
◇「浦安市における地図データの公開と活用について 〜オープンデータトライアルの取組み〜」
 千葉県浦安市役所 市民税課税制係 & 浦安市自主研究チーム URA-CIMAリーダー 小泉 和久 氏
◇「オープンデータによる気づき 〜公開から利活用への発展〜」
 千葉県流山市 みどりの課 総合体育館建設推進室 高橋 和行 氏
◇「ソーシャルリソースを探せ! 〜地図で防ぐ高齢者の孤立化〜」
 未来介護プロジェクト 代表 小黒 信也 氏
◇「オープンデータ中間支援組織としての大学の役割」
 北海道大学 古川 泰人 氏
 酪農学園大学 金子 正美 氏

◇ESRIジャパンの実践活動のご紹介 〜公開と活用をつなぐ取り組み〜
 ESRIジャパン株式会社 木田 和海

ESRIジャパン オープンデータ Facebookページ
https://www.facebook.com/esrijopendata


前提知識:()

前提知識:(A)必要なし|(B)GIS に関する基礎知識|(C)ArcGIS に関する初級知識|(D)ArcGIS に関する中級知識