2016年5月26日(木) 16:10 - 17:40 ホールA (地下1階)
ソリューションセッション

【】

第6回森林GISセッション国産材時代における森林GISの役割


日本の人工林は、50%以上が収穫可能な50年生を超え、まさに国産材時代を迎えようとしています。収穫の中心は皆伐であり、実際に木材生産の盛んな地域の一部は、生産の中心が間伐から皆伐へと移行しています。本セッションでは、皆伐を計画的に進めていくために必要なGISの機能やデータについて、皆さんと情報交換をしていきます。

■講演
◇国立研究開発法人 森林総合研究所 林業経営・政策研究領域 林業システム研究室 鹿又 秀聡 氏
◇長野県林業総合センター 戸田 堅一郎 氏
◇一般社団法人 滋賀県造林公社 神前 武史 氏
◇岐阜県森林組合連合会 廣田 智行 氏

前提知識:()

前提知識:(A)必要なし|(B)GIS に関する基礎知識|(C)ArcGIS に関する初級知識|(D)ArcGIS に関する中級知識