2016年5月26日(木) 10:00 - 12:00 ホールB2 (地下1階)
ソリューションセッション

【】

第6回農業GISセッション〜GISで攻めと守りの農業〜


日本の農業は「農地開発と農地保全、収量増加と持続的生産、農作物生産と多面的機能、輸出と輸入農産物(TPP関連)」という攻めと守りが共存し、この両方を強化することが求められています。攻めと守りという両方を強化する手段としてGISがあり、新進気鋭の若手講師により、この戦略と実例を紹介します。

コーディネーター: 東京工業大学 齋藤 元也 氏

◇「小型UAV空撮・GIS解析を用いた農地情報の収集と活用」
  農研機構 栗田 英治 氏

◇「津波被災農地における病害虫発生リスクの評価:GISを用いた解析」
  宮城県古川農業試験場 櫻田 史彦 氏

◇「鳥獣被害の防除を目的としたGISの活用」
  新潟大学農学部 望月 翔太 氏

◇「農業バリューチェーンにおけるGIS導入の事業性」
  デロイトトーマツコンサルティング 永井 希依彦 氏

前提知識:()

前提知識:(A)必要なし|(B)GIS に関する基礎知識|(C)ArcGIS に関する初級知識|(D)ArcGIS に関する中級知識