2016年5月27日(金) 13:30 - 14:00 Room7
事例発表

【創造的な人材育成】

大和条里地域におけるArcGISの活用

奈良女子大学
古代学学術研究センター
協力研究員 宮崎 良美 氏


古代〜中世の土地関連史料は当時の土地制度である条里制などに由来する所在地表記を伴う。奈良盆地は条里地割が広がり、史料中の土地を1辺=約109mの地割単位に特定できる。これらを応用して豊富な土地関連史料を景観復原研究へ活用するためのGISデータベース構築について報告する。

前提知識:()

前提知識:(A)必要なし|(B)GIS に関する基礎知識|(C)ArcGIS に関する初級知識|(D)ArcGIS に関する中級知識