2018年5月24日(木) 11:30 - 12:00 ルーム5-6(タワー4階)
事例発表

【最適な危機管理】

合成開口レーダ(SAR)を利用したソリューション紹介

Harris Geospatial株式会社 営業部 Account Manager
宮澤 孝平氏


国産衛星の「だいち2号」(ALOSLOS 2)をはじめ、現在様々な SAR データが活用されていますが ENVI/SARscap を用いることで、どのようながわかるのを各種事例交えて紹介します。

前提知識:()

前提知識:(A)必要なし|(B)GIS に関する基礎知識|(C)ArcGIS に関する初級知識|(D)ArcGIS に関する中級知識