2018年5月25日(金) 15:30 - 17:30 ルーム1-4(タワー4階)
ソリューションセッション

【】

森林GISセッション(第8回) 〜森林GISを巡る最近の動き〜


■概要
行政による森林GISのクラウド化、研究者による航空機レーザー測量を活用した地位推定、民間企業による森林管理へ活用等、最近のトピックスを中心に幅広い方にご講演をいただきます。

■講演
◇「都道府県における森林GISの クラウド化事例」
九州地理情報株式会社
システムソリューション部 システム開発課 國崎 雅也氏
◇「航空機レーザー測量を活用したスギ林の林地生産力推定」
福岡県農林業総合試験場
資源活用研究センター森林林業部 鶴崎 幸氏
◇「亜熱帯広葉樹林における地位と地形要因の関係」
森林総合研究所
生物多様性研究拠点 宮本 麻子氏
◇「森林風害研究におけるGISの活用 」
信州大学
山岳科学研究所 上村 佳奈氏
◇「日本全国の森林データが使えること、知っていますか?」
日本森林技術協会
事業部 森林情報グループ 後藤 明日香氏

前提知識:()

前提知識:(A)必要なし|(B)GIS に関する基礎知識|(C)ArcGIS に関する初級知識|(D)ArcGIS に関する中級知識